メイン ソフトウェア MacのAppleKeynoteでMicrosoftPowerPointプレゼンテーションを開く方法
ソフトウェア

MacのAppleKeynoteでMicrosoftPowerPointプレゼンテーションを開く方法

方法 シニアエディター、 タブレット 2017年9月8日午後8時PDT 基調アイコン アップル

MacでMicrosoftPowerPointを使用している場合は、作成したプレゼンテーションを保存して、AppleのプレゼンテーションアプリであるKeynoteで開くことができます。これは、Microsoftのアプリにアクセスできない場合に使用できる便利な機能です。



すべてのMacには、AppleのiWorkアプリ(Pages(ワードプロセッサ)、Numbers(スプレッドシート)、Keynote(プレゼンテーション))が付属しています。そして、これらのアプリはOfficeドキュメントをインポートできます。 PagesでWord文書を開いたり、Wordで使用するためにPages文書をエクスポートしたりする方法は次のとおりです。

MicrosoftPowerPointプレゼンテーションをAppleKeynoteにインポートする方法

この手順は、.pptxおよび.pptファイル形式で機能します。





  1. Keynoteを起動します(Macのアプリケーションフォルダにあります)。
  2. アプリを起動すると自動的に開くウィンドウで、PowerPointファイルの場所に移動します。たとえば、ドキュメント内にある場合は、左側のサイドバーにあるドキュメントフォルダをクリックします。 ([ファイル]メニューをクリックして[開く]を選択し、プレゼンテーションに移動することもできます。) IDG
  3. ファイルを見つけたら、ファイルを選択して[開く]をクリックします。 IDG
  4. インポートプロセス中に行われた変更を説明するウィンドウが表示される場合があります。 PowerPointプレゼンテーション(フォーマット、フォント、画像など)が複雑になるほど、変更が必要になる可能性が高くなります。ドキュメントが単純であるほど、ファイルはPowerPointで作成したものに似たものになります。
  5. それでおしまい。 PowerPointファイルがKeynoteで開くはずです。

プレゼンテーションの作業を始める前に、注意深く見てください。フォーマットが変更された可能性があり、修正する必要がある場合があります。インポート中にプレゼンテーションを使用できないほど多くのことが発生する可能性は常にあります。

AppleKeynoteプレゼンテーションをMicrosoftPowerPointドキュメントとしてエクスポートする方法

Pagesで作業していて、最終的にWordに戻る場合は、ドキュメントをWordファイルとしてエクスポートできます。方法は次のとおりです。



  1. Keynoteで、[ファイル]メニューをクリックし、カーソルを[エクスポート先]に移動します。
  2. ポップアップメニューが表示されます。 PowerPointを選択します。 IDG
  3. 次に表示される[プレゼンテーションのエクスポート]ウィンドウで、パスワードを要求するように選択できます。 [詳細オプション]をクリックすると、.pptxファイル形式と.pptファイル形式のどちらかを選択できます。オプションの選択が終了したら、[次へ]をクリックします。 IDG
  4. ファイルを保存する場所を選択し、名前を付けます。
  5. [エクスポート]をクリックすると、ファイルが保存されます。