メイン 他の Word for iPadレビュー:Microsoftのワードプロセッサの新しい標準
他の

Word for iPadレビュー:Microsoftのワードプロセッサの新しい標準

レビュータブレット 2014年4月3日午前7:00PDT

一目で

長所

短所

私たちの評決

使用時間は5分未満でした iPad用の単語 圧倒的な第一印象を与えるために:すべてのプラットフォームのWordがiPadのWordになることを願っています。なめらかで、整頓されていて、よく整理されていて、美しいWord foriPadは印象的です。デスクトップアプリケーションの優れた点をすべて網羅し、煩雑さを感じさせないアプリ。 Word for iPadが将来登場するのであれば、ぜひ使ってみたいアプリです。



最初に、Word for iPadは、これまでに使用したOfficeアプリケーションのどのバージョンとも異なることに注意することが重要です。つまり、このアプリは無料でダウンロードできますが、Word文書の表示以外の目的で使用する場合は、Office 365のサブスクリプション(月額$ 10から)が必要です。これは、コメントセクションに十分な飼料を提供することを私は知っています。アプリを使用するためにサブスクリプションサービスに結び付けられるという考えにわくわくしないかもしれませんが、私は経験や価格を見つけることができませんでした不合理。ほとんどのユーザーは、Microsoftの30日間の無料トライアルを使用してOffice365の水域をテストできます。

Word on the Webと比較しても、Word for iPadには、アプリの簡素化されたバージョンと間違えられてはならない本質的なルックアンドフィールのみがあります。

サブスクリプションが設定されると、Wordがドキュメントブラウザで開き、15個のテンプレートのいずれかから新しいドキュメントを作成したり、OneDriveまたはその他のSharePointの場所に保存されている既存のドキュメントを開いたりできます。 Word for iPadのテンプレートは、デスクトップアプリにあるものと似ていますが、アプリが提供するものは、Word forMacにあるものほど深くはありません。このウィンドウから、Office 365アカウントを管理し、新しいOneDriveまたはSharePointの場所を追加することもできます。





OneDriveに保存されているドキュメントは、作業する前にiPadにダウンロードする必要があり、ドキュメントをアクティブに入力していない間隔でMicrosoftCloudに動的に同期されます。ダウンロード速度は、ドキュメントのサイズとインターネット接続の速度によって異なりますが、数秒しかかからないことがわかりました。 iPadで作成されたドキュメントは、iPadに直接保存して、最終的にOneDriveに移動できます。 OneDriveから開いたドキュメントは、iPadにローカルにキャッシュされ、インターネットにアクセスできない場合でも開くことができます。残念ながら、OneDriveからiPadにドキュメントを移動する方法が見つかりませんでした。

iPad用の単語

Microsoft Word for iPadは機能が豊富で強力であり、デスクトップアプリケーションの最高の機能をすっきりと提供します。



iPhone4をどうするか

iPadでWordでドキュメントを編集するのはとても楽しかったです。 Word on the Webと比較しても、Word for iPadには、アプリの簡素化されたバージョンと間違えられてはならない本質的なルックアンドフィールのみがあります。 Word for Macにあるすべてのものを提供しているわけではありませんが、テンプレートはそれほど多くなく、スクリプトツールもありません。これは いいえ iPhoneの単語。私はすべての編集ツールが堅牢で有能であることに気づきました。つまり、iPadでWordを使用して、必要なすべてのことを実行できるはずです。

Wordのドキュメントエディタは、上部に[ホーム]、[挿入]、[レイアウト]、[レビュー]、[表示]の5つのタブがある1つの簡略化されたツールバーを備えています。使用している要素のタイプに応じて、追加のタブが表示されます。したがって、テーブル内で作業している場合は、セルの削除と書式設定を追加するためのツールを含むタブが表示されます。タブを1回タップすると、そのタブから使用できるツールが表示されます。もう一度タップすると、ツールが非表示になり、ドキュメントを編集するためのスペースが少し増えます。

Word for iPadは、120近くのフォントと、それらのフォントをフォーマットするための通常のツールを含む、テキスト編集ツールの完全なセットを提供します。また、段落の配置、リスト、間隔、インデントのツールのほか、段落のスタイルをすばやく変更するための[スタイル]メニューもあります。スタイルツールは優れた機能ですが、すでにドキュメントに含まれているスタイルに制限されています。ドキュメント内で行った変更からフォーマットに新しいスタイルを作成する方法はありません。

アプリで作成したドキュメントは、ツールバーの左上に表示される[共有]ボタンをタップすることで他のユーザーと共有できます。これらのドキュメントはOneDriveに保存されているため、ドキュメントの編集と更新を同時に行うことができ、他のデバイスで編集しているユーザーがドキュメントに加えた変更を追跡できます。私のテストでは、同時編集で十分に機能することがわかりましたが、ドキュメントの編集中に他のユーザーが行った更新を確認するには、ドキュメントを手動で更新する必要があるため、あなたと共同編集者の両方が、更新してください。変更が予想されていた場所が少し異なる場所にあります。とはいえ、失われたデータは見当たりませんでした。入力したと思った場所の上下の段落だけでした。

iPad用の単語

OneDriveに保存されているWordドキュメントで他のユーザーと共同作業を行うことができます。

特にMacまたはPCでWordを使用して元のドキュメントを作成した場合、iPadのWordにはいくつかの小さな制限があります。このアプリはドキュメントの書式設定をうまく処理しますが、Macで使用したフォントがiPadで使用できない場合があります。また、テンプレートを使用しているときに、使用していたオブジェクトが期待したものではないこともわかりました。最初は、ドキュメント内の色付きのテキストボックスであると思っていたものが、実際には色付きのセルを持つテーブルであるときに、サイズを変更するために約5分を費やしました。エラーに気付いたのは、ツールバータブに[テーブル]オプションを追加したときだけでした。そうでなければ、私は不満を持っていませんでした。

結論

Word foriPadに必要なOffice365サブスクリプションは、一部のユーザーにとっては初心者ではないかもしれませんが、それを除けば、Word foriPadは印象的なアプリです。 Word for Macで使用しているすべてのツールを見つけることはできませんが、それは悪いことではありません。 Word for iPadは、合理化され、高速で、美しく、まさにMacで見たいものです。ビジネスでOfficeアプリにアクセスする必要はないが、iPad用の優れたワードプロセッサを探している場合は、Word foriPadでもそのチケットをパンチできることは間違いありません。